あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

ブランド小学校に通う魅力のひとつは…

2010年 2月 26日

こんにちは。:razz:
小学校受験でおなじみの
受験対話総合研究所(幼児教室)の平野伸明です。

幼児のお母さま方の勉強会、「母親塾」では、
早稲田大学文学部の入試が行われた日に、
早稲田大学文学部の過去問題の中から、
石田佐恵子の『有名性という文化装置』という文章を選び、
高校1、2年生と幼児のお母さま方で、この文章を読み、問題を解いてみました。

早稲田大学文学部・入学試験会場

早稲田大学文学部・入学試験会場

入学試験問題は、
出題者が合格者に求めている「読み方」「解き方」があるので、
これを身につければ、幼児のお母さまでも、早稲田大学の問題が簡単に解けるのです。

今回の石田佐恵子さんの文章の内容は、
現代の青年たちの特徴のひとつは、朝シャンやダイエットなどのブームに象徴される
①身体や外見へのこだわり
②自己のイメージ管理の指向性
この2つを持っていることだ。
この自己イメージの管理思考は、「身体の着替え」願望につながっているというものでした。

いつものように、勉強会が終わってから、
高校生とお母さま方のおしゃべりの会になりました。
この日の話題は、石田さんの文章にひっかけて、
「ブランド校に通うことも、自己イメージの管理思考の1つではないか」
というものにしました。

石田佐恵子さんの文章には、
「身体や外見に関して「着替えられる」「変更可能な」ものだという認識を
多くの人が持つにつれて、
特に女性や青年といった人たちのあいだには「着替えられるものなら着替えたい」
というストレートな欲望が生ずるようになる。そしてその欲望は、
身体や外見を操作するさまざまなタイプの商品の消費へと
彼ら・彼女らを駆り立てていく」とありました。
今回の「母親塾」では、
「○○小学校の生徒とわかる制服を着たり、カバンを持って歩くこと」、
あるいは「○○小学校に通っているの-」と言ったりすることなどを例に、
ブランドを身につけるとはどういうことなのか、
親や子どもたちの心理について、話し合いました。:razz:
お母さまたちは、お子さんを入学させたい、憧れの「ブランド校」に通う高校生たち
の意見を聞いて、ブランド校についての考え方が、だいぶ変わったようでした。
親が、しっかりした意見を持つことは、子育てをする上で、とても大切なことですよね。;-) 

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京
 ■ 就職アドバイザー平野伸明の「就職対策講座」

有名私立小学校合格! お母さまのための「話しことば」実践講座!

学ぶお母さま!

学ぶお母さま!

賢く、受験に強いお子さんを育てるために最も大切なのは、日々お母さまが、どのような日本語でお子さんと「対話」されているかです。つまり、お母さまに日本語の能力があるかないかで、お子さんの大学入試までの合否が決まってくるとも言えるのです。現在、有名私立高校でも、この日本語の能力が育っていない子どもが多く、国語はもちろん、英文解釈ができなかったり、社会や理科の記述問題ができない生徒が増え問題になっています。  当然、学校側は、日本語力のあるお子さんを入学させようとします。小学校の優秀な先生方は、入学試験での面接や志望理由書で、お母さま方の日本語の能力をチェックしています。これはお子さんが、これまで、どのようなお母さまの言葉(言語環境)で育ってきたのかを確認しているのです。           お母さまは、お子さんを育てている、ご自身の日本語(対話)に自信がありますか?この講座では、お母さまの日本語力(対話力)を磨き、有名私立小学校の合格を確実なものにします!

お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所
TEL:03-3203-0215

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ