あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

川端康成氏の直筆の原稿の前で…

2010年 9月 8日

こんにちは。:razz:
小学校受験でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

今日は、子どもたちと、
早稲田大学で開かれている
「日本ペンクラブ75年のあゆみ 自由と平和を求めて」展に行ってきました。

日本ペンクラブ 75年のあゆみ展

日本ペンクラブ 75年のあゆみ展

受験対話総合研究所で学ぶ子どもたちには、
あこがれの作家である、川端康成、井上靖、遠藤周作などの
直筆の原稿が展示されていました。

子どもたちが憧れる、日本ペンクラブ

子どもたちが憧れる、日本ペンクラブ

中学1年生のマユちゃんは、
川端康成の直筆の原稿の前で立ち止まり、
じっと原稿を見つめていました。
この原稿には、推敲のあとが残っていました。
川端氏が、自分の書いた原稿を読みなおし、
足りない部分を補い、いらないところを削った跡があったのです。

展示会を見終わってから、
子どもたちには、レポートを書いてもらいました。
マユちゃんのレポートには、
川端康成の原稿の推敲のあとを辿りながら、
川端氏が、何を伝えたくて、どう考えていたのか、
川端氏の「思い」を、ドキドキしながら読み取っていたのだと、
そのときの様子や内容が具体的に書いてありました。

有名私立中学に合格して、
今年の4月に受験対話総合研究所に来た頃のマユちゃんは、
文章を書くことの、基本的な認識に欠けていました。
中学受験のむずかしい記述問題は、簡単に書けたそうですが、
「受験対話」の勉強会でマユちゃんは、
文章を書きながら、客観と主観がないまぜになっていました。
書いていて、自分で混乱してしまう。
なのに、そのまま人に読ませて、
「なんで、わかってくれないのよー」という顔をしていました。

そんなマユちゃんが、
今は、川端康成氏の原稿を見て、
川端氏の「ことば」から、
川端氏の「思い」を読み取ろうとしている。

子どもが成長していく姿を見るのは、
何よりも嬉しいものです。:razz:

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京

家庭で楽しく学べる「季節カード」は、受験対話総合研究所にお任せ下さい!

学ぶお母さま

学ぶお母さま

手作り 「試験に出る季節カード」  好評発売中!
【お母さまの声】 小学校受験の常識問題に、季節を質問してくるものがあります。娘には、買い物を一緒にしながら季節を覚えてもらおうと、私もがんばっていたのですが、今は、野菜や果物、それに花も、一年中あるものが多く、生活の中で教えることに限界を感じていました。その頃、お友だちのお母さまから、このカードのことを聞き、さっそく手に入れて勉強に取り入れました。最初は、「こんなものの季節まで覚えておかなきゃいけないの?」と思ったのですが、娘は、模擬試験でも、本番の試験でも、季節の問題でわからないものがなくなったのです。このカードは、種類が多いのが特徴です。使いやすい大きさのカードで、外出先でのちょっとした時間でも、クイズ形式で楽しく季節を覚えることができました。今からこのカードで勉強すれば、試験で困ることはないでしょう。聖心女子学院、白百合学園、立教女学院、成蹊小学校、光塩女子学院を目指すお子さんには、ぜひ使っていただきたいカードです。 ●手作り感があります。ご了承ください。 ●価格:1050円(税込)
お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所
TEL:03-3203-0215

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ