あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

褒めたら育つのか!叱ったほうが育つのか!

2010年 8月 24日

こんにちは。:razz:
小学校受験でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

夏の高校野球は、沖縄の興南高校が優勝しましたね。
監督の我喜屋優さんは、いい顔をしていました。
この日、ちょうど、テレビで応援をしていたら、
早稲田大学スポーツ科学部の学生がやってきて、
桑田真澄さんの文章を見せてくれました。

若者たちは、ちゃんとその背中を見ています!

若者たちは、ちゃんとその背中を見ています!

桑田さんは、早稲田大学での修士論文にあたるリサーチペーパーで、
「精神野球」や「根性野球」のルーツを調べた上で、
これからの野球界の改善点や発展について考察しています。
たとえば、野球界には、「走り込み」「打ち込み」「投げ込み」という
練習をして「貯め込む」という考えがある。
しかし、これらは、本当に貯め込めるものなのかどうか。
また、理不尽な「しごき」や「上下関係」「体罰」があったりする。
こうした誤った考え方や練習がイヤで、
野球から離れてしまった人が大勢いるというのです。
誤った常識を改善するためには、
指導者が「健全な育成」という理念を掲げて指導すべきだ、と述べています。

早稲田大学・野球部OBの方々

早稲田大学・野球部OBの方々

この夏優勝した、興南高校の我喜屋監督は、どのような指導をされた方なのでしょうか?
新聞記事の我喜屋監督のコメントには、
「小さなことを積み重ねたチビッ子が、大きなことをやってくれた。
  むしろ、背中を押されました」とありました。
この言葉から、「しごき型」の恐い監督ではなかったように思うのですが…

人間は、褒めたら育つのか、叱った方が育つのか、という話は、
教育のテーマとしてよく出てきます。

今の子どもたちは、どちらかというと、叱られて育つよりも、
褒めた方が育つとも聞きます。

さて、みなさんは、どのようにお考えになりますか?

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京

家庭で楽しく学べる「季節カード」は、受験対話総合研究所にお任せ下さい!

学ぶお母さま

学ぶお母さま

手作り 「試験に出る季節カード」  好評発売中!
【お母さまの声】 小学校受験の常識問題に、季節を質問してくるものがあります。娘には、買い物を一緒にしながら季節を覚えてもらおうと、私もがんばっていたのですが、今は、野菜や果物、それに花も、一年中あるものが多く、生活の中で教えることに限界を感じていました。その頃、お友だちのお母さまから、このカードのことを聞き、さっそく手に入れて勉強に取り入れました。最初は、「こんなものの季節まで覚えておかなきゃいけないの?」と思ったのですが、娘は、模擬試験でも、本番の試験でも、季節の問題でわからないものがなくなったのです。このカードは、種類が多いのが特徴です。使いやすい大きさのカードで、外出先でのちょっとした時間でも、クイズ形式で楽しく季節を覚えることができました。今からこのカードで勉強すれば、試験で困ることはないでしょう。聖心女子学院、白百合学園、立教女学院、成蹊小学校、光塩女子学院を目指すお子さんには、ぜひ使っていただきたいカードです。 ●手作り感があります。ご了承ください。 ●価格:1050円(税込)
お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所
TEL:03-3203-0215

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ