あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

子どもたちに、話をさせる!

2019年 3月 4日

 

 

こんにちは。

年中さんから大学卒業生までの18年間一貫教育でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

 

年長さんに人気がある「勝海舟」

年長さんに人気がある「勝海舟」

 

 

「大人になったら、どんな人になりたいですか?」

 

小学校入試では、よく問われます。

せっかく質問してくれるのですから、

小学校の先生方が、面接で退屈しないように、

中身のある話ができるように、年長さんは勉強しています。

 

年長さんには、授業の前に、気に入っている人物について話をしてもらいます。

前回ご紹介した「福沢諭吉」や今回ご紹介している「勝海舟」は、

男の子にも女の子にも人気があります。

 

なぜ、この2人は、子どもたちの「心」をつかんだのでしょうか?

「福沢諭吉」と「勝海舟」の共通点とは、いったい何でしょうか?

子どもたちの生活の中にある「実感」とつないでみてください。

 

「勉強することは、楽しい!」と言う子どもたち。

小学校が「ぜひ来てください」というような子ですよね。

 

 

※【幼稚園、小学校の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

家庭で楽しく学べる「季節カード」は、受験対話総合研究所にお任せ下さい!

試験に出る「季節カード」

試験に出る「季節カード」

手作り 「試験に出る季節カード」  好評発売中!
【お母さまの声】 小学校受験の常識問題に、季節を質問してくるものがあります。娘には、買い物を一緒にしながら季節を覚えてもらおうと、私もがんばっていたのですが、今は、野菜や果物、それに花も、一年中あるものが多く、生活の中で季節を教えることに限界を感じていました。その頃、お友だちのお母さまから、このカードのことを聞き、さっそく手に入れて娘の勉強に取り入れました。最初は、「ここまで季節を覚えておかなきゃいけないの?」と思ったのですが、娘は、模擬試験でも、本番の試験でも、季節の問題でわからないものがなくなったのです。このカードは、種類が多いのが特徴です。使いやすい大きさのカードで、外出先でのちょっとした時間でも、クイズ形式で楽しく季節を覚えることができました。今からこのカードで季節を勉強すれば、試験で困ることはないでしょう。聖心女子学院、白百合学園、立教女学院、成蹊小学校、光塩女子学院を目指すお子さんには、ぜひ使っていただきたいカードです。 ●手作り感があります。ご了承ください。 ●価格:2000円(税別) ●96枚
お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

年長さんの授業は、「想像力の育成」が柱です!

2019年 3月 1日

 

 

こんにちは。

年中さんから大学卒業生までの18年間一貫教育でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

 

年長さんが読んでいる「福沢諭吉」の本

年長さんが読んでいる「福沢諭吉」の本

 

 

年長さんが、教室で勉強している大切な柱の一本は、「想像力の育成」です。

今、年長さんには、福沢諭吉の本を読みながら、福沢諭吉とはどのよう

な人だったのかを想像してもらっています。

 

このようにして身につけた「想像力」が、試験勉強にも役立ちます。

小学校の先生は、

「なぜ、この問題を作ったのか?」

「自分・合格者に、何をさせたいのか?」

「この問題で正解を当てることに、どんな意味があるのか?」

などを、問題を見ながら、出題者の小学校の先生の頭の中を

想像してもらいます。

 

ちゃんと育てた「想像力」があると、目の前の問題から、

出題者の意図を考えて、「要求」を満たせるようになります。

すると、どんな問題も処理ができるようになるのです。

 

大人が変われば、子どもも変わります。

教室での「子育て」は、楽しい!

 

 

※【幼稚園、小学校の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

家庭で楽しく学べる「季節カード」は、受験対話総合研究所にお任せ下さい!

試験に出る「季節カード」

試験に出る「季節カード」

手作り 「試験に出る季節カード」  好評発売中!
【お母さまの声】 小学校受験の常識問題に、季節を質問してくるものがあります。娘には、買い物を一緒にしながら季節を覚えてもらおうと、私もがんばっていたのですが、今は、野菜や果物、それに花も、一年中あるものが多く、生活の中で季節を教えることに限界を感じていました。その頃、お友だちのお母さまから、このカードのことを聞き、さっそく手に入れて娘の勉強に取り入れました。最初は、「ここまで季節を覚えておかなきゃいけないの?」と思ったのですが、娘は、模擬試験でも、本番の試験でも、季節の問題でわからないものがなくなったのです。このカードは、種類が多いのが特徴です。使いやすい大きさのカードで、外出先でのちょっとした時間でも、クイズ形式で楽しく季節を覚えることができました。今からこのカードで季節を勉強すれば、試験で困ることはないでしょう。聖心女子学院、白百合学園、立教女学院、成蹊小学校、光塩女子学院を目指すお子さんには、ぜひ使っていただきたいカードです。 ●手作り感があります。ご了承ください。 ●価格:2000円(税別) ●96枚
お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

早・慶・上智大学の学生のための「西村欣也のマスコミ合格・添削講座」

2018年 7月 11日

 

こんにちは。

年中さんから大学卒業生までの18年間一貫教育でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

 

受験対話総合研究所では、8月から、

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学の学生のための

『西村欣也のマスコミ合格・添削講座』を開講することになりました。

 

講座の内容は、幼児から高校生までで、育ててこなかった能力を鍛えることになります。

幼児のお母さま方の「子育て」にも、とても役立つ内容になると思います。

まずは、講座のご紹介をいたします。

 

元朝日新聞編集委員 西村欣也

元朝日新聞編集委員 西村欣也

 

 

受験対話総合研究所では、8月から、

早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学の学生のための

「西村欣也のマスコミ合格・添削講座」を開講します。

 

講師は、「朝日新聞に西村あり」と言われた、

名コラムニストの元朝日新聞編集委員・西村欣也氏です。

西村氏が、「デスク」になり、

キミの文章を添削して、マスコミ合格へと導きます。

 

 

これまで、受験対話総合研究所で学んだ大学生たちの評判は、とてもよかった。

ある有名企業の元社長からいただいた言葉です。

「定期採用で100人採用したとする。できる社員になるのは、上の10人。

採用ミスで採っちゃったのが、下の10人。あとの80人は…

『受験対話』で学んできた学生は、上の10人に入ってくる」と。

 

 

なぜ、優秀な学生を育てることができたのか。秘密はどこにあったのか?

実は教材にありました。

私たちの師匠である、「話しことば教育」の第一人者であった元NHKアナウンサーから教わった、

朝日新聞の看板コラム『EYE 西村欣也』を20年以上使ってきたからです。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

これは、大学生を、優秀な社会人に成長させる、魔法の文章です。

学生たちの「問題意識」「観察力」「考える力」「表現力」「想像力」「創造力」

を育てるのに最高の教材なのです。

 

 

『EYE 西村欣也』を教材にして、学んだ学生の書いた文章を読んだ

有名企業の方々から、

「この学生に会って、話をしてみたい」とメールが来ます。

もちろん学生たちは、『受験対話』で「話しことば」の訓練も受けていますから、

実際に会って話してみると「こいつは、おもしろい学生だ」と、

信頼を勝ち得て帰ってきます。

この20年間の活動の成果が、西村氏の耳に入り、今回の講座を開講することになりました。

 

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

思想家、内田樹氏の著書『街場のメディア』に、

「マスメディア凋落の最大の原因は、

インターネットよりもマスメディア自身の端的に言えば

ジャーナリストの力が落ちたことにある」と書いています。

 

また、作家、城山三郎さんは、次のように言っていました。

「1つの分野だけが劣化することはない。日本は全体が劣化したのだ」と。

 

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学の学生さん、

キミたちは、このお二人の「ことば」をどのように受けとめますか?

 

 

東京オリンピックが近づいてきました。

マスコミは、スポーツに強い学生が欲しくなります。

『受験対話』のノウハウと西村欣也氏の経験に基づいた指導を直接受け、

鍛えられ、育てられた大勢の学生たちが、

アナウンサーや記者になり、東京オリンピックを取材をして、

読者や視聴者に「おもしろい!」と言ってもらえる記事やリポートを

届けられるように、「キミのことば」を徹底的に鍛えます。

 

 

早稲田・慶応・上智大学の先輩たちが使っていた辞書

早稲田・慶応・上智大学の先輩たちが使っていた辞書

 

 

NHK、テレビ朝日、日本テレビ、TBS、フジテレビ、

朝日新聞社、読売新聞社、毎日新聞社、新潮社、集英社、講談社

電通、博報堂などマスコミで、

「いい仕事がしたい」と思っている学生諸君、集まれ!

 

■[教材]

① 朝日新聞が伝えたプロ野球(小学館)   西村欣也著

② 神の領域を覗いたアスリート(朝日新書) 西村欣也著

 

■[場所]

・西早稲田(新宿区)

 

■[受講料] 1回 2500円(消費別・テキスト代込み)

 

と、このような講座です。

西村欣也さんが、子どもたちの「ことば」を鍛えてくれます。

優秀な子どもに育てるには、何が大事なのか。

これから時々、講座の様子をご紹介いたします。

 

 

  8月生    早稲田・慶応・上智大生のための「西村欣也のマスコミ合格・添削講座」!

●講師 西村欣也

●元朝日新聞編集委員

●五輪取材経験7回・プロ野球取材30年

●朝日新聞スポーツ面に署名入り記事「EYE 西村欣也」を
1996年4月2日から2016年2月27日まで
20年間執筆してきた。

●著書 朝日新聞が伝えたプロ野球(小学館)
神の領域を覗いたアスリート(朝日新書)

●イチロー、王貞治、長島茂雄、清水宏保、橋本聖子、ダン・ジャンセン、ボブ・ヘイズなど有名選手を取材してきました。

受験対話総合研究所では、20年前から、西村欣也氏の文章を使い、大学生の「ことば」を育ててきました。今回の講座では、「書きことば」を西村欣也氏が担当し、「話しことば」は受験対話総合研究所の講師が担当します。「自分のことば」を育てる努力を続けると、キミの「自己PR」を読んだ採用担当者から、「この学生に会って、話をしてみたい」と連絡が来ます。

マスコミをはじめ一流企業から、「会って、話をしたい」と言ってもらえるように、今回の講座では、『受験対話』のノウハウと西村欣也氏の経験を合わせたカリキュラムで授業を行います。早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学の学生さん、楽しみにしていてください。

 

《西村欣也氏からあなたへのメッセージ》

確かに、今はネット時代と言われています。

トランプ大統領のツイートに世界が右往左往しています。

しかし、ニューヨークタイムズなどは言論で、論陣を張り、世論の支持を得ています。

新聞だけではありません。

CNNなどもトランプに「フェークニュース」と呼ばれても、事実を伝えています。

まだ、マスコミには底力があるのです。

僕は主にスポーツを取材してきましたが、ニューヨークタイムズの新人記者はまずスポーツ部門に配属されます。そこに人生が凝縮されているからです。

僕は朝日新聞で長年小論文の採点や面接をしてきました。(やらされてきました)

マスコミ受験には、特に書く力が問われます。

門は狭いですが、今までの経験を生かして、スタートラインにつきたいと思う学生のアシストができれば、と思います。(西村欣也・記)

 

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学の学生さんにお会い出来るのを楽しみしています。

■8月  全3回
■時間  1回 90分
■場所  西早稲田(新宿区)
■費用  1回 2500円(消費税別、テキスト代込)
詳しくは、このページでお知らせいたします。
まずは、お問合わせ、お申し込みください。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
Page 1 of 116
1 2 3 116