あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

いじめられっ子が小学校受験で大逆転する方法

2008年 12月 21日

こんにちは。
小学校受験でおなじみの「受験対話総合研究所の平野伸明です。

今回は、暁星小学校に合格した、たかし君の話をします。
たかし君が、初めて「受験対話」に来たときの印象は、「気の弱そうな子だなー」というものでした。
聞くと、たかし君は、体が小さく、幼稚園では、
「ちび、ちび」と、はやしたてられていました。
彼は、それが、とても嫌でした。

ある日、お母さんが、そのことを知りました。
お母さんは、目に涙をいっぱいためて、こう言いました。
「たかしが、体のことで、いじめられているという話を聞いて、お母さんは口惜しい。
体はこれから、大きくなるのよ。安心しなさい。
たかし、あなたは、自分よいところを、うんと伸ばしなさい。
これから、お母さんといっしょに勉強しましょう!」

こう言って、「受験対話」に来て、母子そろって勉強した。
やがて、「絵」も「工作」も「折り紙」も「お行儀」も「お勉強」も、
幼稚園で、先生方に一番ほめられるようになった。
すると、今度は、たかし君の子分になる子がでてきた。
いじめる子は、一人もいなくなった。

暁星小学校の合格を知った日、
「やればできるという根性が、鍛えられたのだと思います」
と、お母さんは泣いて語っていました。

山本五十六元帥のことばに、次のようなものがあります。

やってみせて
言ってきかせて
させてみて
ほめてやらねば
人は動かじ

部下を統率する心得をいったものですが、
たかし君のお母さんは、これを実践していました。

小学校受験は、人が作った世界ですから、よい点、悪い点があるのは、当たり前です。
だからこそ、お父さん、お母さんの「賢さ」が必要なのです。
お子さんのために、小学校受験を、どのように利用するのか。
お子さんの寝顔を見ながら、こころ落ちつかせて、静かに、じっくりと、考えてみてはいかがでしょうか。

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京
   ■ 就職アドバイザー平野伸明の「就職対策講座」

試験に出る「暁星小学校・合格問題集」

暁星小学校・問題集

この「暁星小学校・合格問題集」は、受験対話総合研究所から暁星小学校に合格した子どもたちが、8月、9月に使用していた問題集の中から、試験によく出る問題を40題厳選しました。
数の問題やシーソーの問題など、書店で見かける暁星小学校の対策本の問題より、難しいと感じるでしょうが、この問題集で、繰り返し勉強すると、暁星小学校の過去問題を一瞬見ただけで、子どもたちの頭に、解法パターンがすぐに浮かぶようになります。
入試で、問題のスピード処理を求める暁星小学校の対策が、ご家庭で出来ます。
●価格:2100円(税込)
●詳しくは、こちらのページをご覧ください
●好評発売中!

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ