あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

お母さまの「ことばの力」!

2010年 2月 28日

こんにちは。:razz:
小学校受験でおなじみの
受験対話総合研究所(幼児教室)の平野伸明です。

早稲田大学政治経済学部の入学試験があった日、

早稲田大学政治経済学部・入学試験会場

早稲田大学政治経済学部・入学試験会場

受験対話総合研究所の「母親塾」では、
高校1、2年生と幼児のお母さま方で、
2009年度の早稲田大学政治経済学部の現代文の入試問題を解いていました。

文章は、寺田寅彦の『蓄音機』からの一節です。
筆者が蓄音機を初めて聞いたときの経験を描いているのですが、
単なる経験談ではなく、科学者や教育者の心構えにまで説きすすめているところが、
さすが、名随筆家といわれるゆえんです。
ぜひ、みなさんも読んでみてください。
今、子どもたちに、何が足りないのかがわかります。
幼児のお母さま方には、家庭教育に取り入れたい柱の1つが、
この文章から読み取れますよ。;-)

しかし、寺田寅彦の文章は、読みやすいですね。
なぜ、数学者とか物理学者などの文章は読みやすいのでしょうか。
寺田寅彦の場合は、物理学や地質学などの研究者でありながら、
夏目漱石に師事していたということもあるでしょうが、
問題を解き終わってから、いつものように、
高校生とお母さま方で、お茶をしながら話し合いをしました。
この日のテーマは、「わかりやすい言葉とは」でした。

このときに出た、話題の1つです。
今は、鳩山さんがやっていますが、
昔、小泉さんが総理になった時に、
毎日、記者団の前で、
記者と短いやりとりをするのをテレビで放映することを始めた頃、
「今日は、小泉さん、何を、どう答えるのか、毎日、楽しみにテレビを見ていました。
しかし、今は…」と、あるお母さまが話し始めました。

みなさんは、鳩山さんと小泉さんの「ことば」の違いに気づいていましたか?
このようなことでも、観察し、考え、子育てにどう生かしていけるのかが、
お母さまの「ことばの力」になります。
また、毎年、6月に行われる、
小学校の学校説明会で聞く先生方の「ことば」は、
鳩山派なのか小泉派なのかと、分析することも大切になります。
子どもたちは、学校で、毎日、先生方から話を聞くことになりますから、
子どもたちに大きな影響を与えます。
学校説明会で、「この先生の話を、子どもに聞かせたい」という、
「先生のことば」と出会えるといいですね;-)

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京
 ■ 就職アドバイザー平野伸明の「就職対策講座」

有名私立小学校合格! お母さまのための「話しことば」実践講座!

学ぶお母さま

学ぶお母さま

賢く、受験に強いお子さんを育てるために最も大切なのは、日々お母さまが、どのような日本語でお子さんと「対話」されているかです。つまり、お母さまに日本語の能力があるかないかで、大学入試までの合否が決まってくるとも言えるのです。現在、有名私立高校でも、この日本語の能力が育っていない子どもが多く、国語はもちろん、英文解釈ができなかったり、社会や理科の記述問題ができない生徒が増え問題になっています。当然、学校側は、日本語力のあるお子さんを入学させようとします。小学校の優秀な先生方は、入学試験での面接や志望理由書で、お母さま方の日本語の能力をチェックしています。お子さんが、これまで、どのような言語環境で育ってきたのかを確認しているのです。 お母さまは、お子さんを育てている、ご自身の日本語に自信がありますか?この講座では、お母さまの日本語力を磨き、有名私立小学校の合格を確実なものにします!

お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所
TEL:03-3203-0215

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

お気軽にコメントをどうぞ