あこがれの有名私立小学校への第一歩 年中さんのための個別指導塾「受験対話」総合研究所

「聖心女子学院・立教女学院・白百合学園」合格作戦!

2008年 12月 23日

こんにちは。:razz:
小学校受験でおなじみの「受験対話総合研究所の平野伸明です。

今日のタイトル、とても魅力的でしょう。
でも、いつものように、「受験対話」流の切り口で、お話しますね。
この時期に、聖心女子学院立教女学院白百合学園を希望するお母さま方に話を聞くと、
「神から与えられた命だから、自己中心的でなく、自分のことと同じように、
周りの人たちのことも大切にして、そして、感謝の心が大切だと思っています」
「人のために、人の役に立つことをしていくことが大事だと考えています」
というようなことを、サラッと、話される方が多いのです。
聖心女子学院、立教女学院、白百合学園という学校の特色を考えると、
このような気持ちを持ち続けることは大事なのですが…。

散歩

このような話を聞いた後には、お母さま方と散歩に出かけます。
「受験対話」から、3分くらい歩くと、『関口芭蕉庵』があります。

ここは、俳人松尾芭蕉が、神田川の改修工事監修のために
1677年から4年間住んでいたところです。
豊かな水をたたえる、ひょうたん池の横には、
芭蕉二百八十回忌にたてられた、「古池や蛙飛込む水のおと」の句碑もあり、
芭蕉がいた当時を想像させる芭蕉(いやいや場所)です。

私は、芭蕉庵を散歩しながら、よく、次のようなお話をします。

松の事は松に習へ、
竹の事は竹に習へ

この言葉は、
芭蕉の俳諧の理念を語るものとして、伝えられています。
ただし、この言葉について芭蕉自身の説明はなく、
文献によると、芭蕉の弟子たちは、つぎのように解釈しているそうです。
「私意を離れよ」と。
つまり、竹とか、松は、自然の象徴なのでしょう。

その自然と、自分を分けて、自然を対象物として見ている限り、
けっして、自然の真髄を、とらえることはできない。
自然と向き合うということは、自然と自分が一体化することなのだ、と。
私意を離れ、自分を無にして、自然と同化する精神の大切さを
言っているのではないかということです。
これは、日本の美学の根本精神ですね。
でも、これが、なかなか難しい。

ですから、お母さま方がおっしゃる、
「自己中心的でなく、自分のことと同じように、周りの人たちのことも大切にする」
「人の役に立つことをしていくことが大事だと考えています」
というのも、なかなか、たいへんなことなのです。
芭蕉さんも歩いたであろう庭を、プラプラと散歩しながら、
そんなことを、お母さま方と一緒に考えてみるのです。

「女子高生が選んだ2008年重大ニュース!」

話はポンと、飛びますが、昨日、「女子高生が選ぶ、2008年重大ニュース」が発表されました。
1位は、なんと、「総理大臣が、コロコロ入れ替わる!」ことでした。
政治家には、「私意を離れ、自分を無にして、国民と一体化してほしい」と、
女子高生も願っているのかもしれませんね。

ということで、話はそれてしまいましたが、
小学校受験を考えているお母さまには、この受験を通して、お子さんといっしょに、ご自身も、
どれだけ成長できるのかを楽しめるような余裕を持っていただきたいのです。
余裕があると、自分を客観的に見ることができますから、
受験もうまくいくのです! ぜひ、ぜひ!

   こちらもご覧ください ;-)  

  小学校受験の「お受験じょうほう」
 ■ 幼児教室どっとこむ
 ■ 小学校受験の「お受験どっとこむ」
 ■ 幼稚園ねっと
 ■ 子育ての達人
 ■ 受験対話総合研究所
 ■ 
読売新聞東京本社広告局・マイベストプロ東京
   ■ 就職アドバイザー平野伸明の「就職対策講座」

幼児教育・お受験対策・小学校受験は受験対話総合研究所にお任せ下さい!

受験対話研究所 教室風景

受験対話研究所 教室風景

受験対話総合研究所では、ご両親に幼児教育の要点を理解してもらい、小学校受験を成功させるために最も大切な、「家庭教育」の方針を決めていただくことから始めています。
ご両親が、毎日実践している家庭教育の内容と完成度に説得力があれば、有名私立小学校受験の合格は確実なものになります。
お子様の人間力を育てる幼児教室、受験対話総合研究所では、お父様お母様のバックアップも万全です。

お問い合わせはこちらまで
HP:幼児教育・小学校受験の受験対話総合研究所
TEL:03-3203-0215

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

お気軽にコメントをどうぞ